2014年06月26日

『奇跡のシンフォニー』

2007年のアメリカの映画。

あまり良くない評判も読んでから観たせいか、
思ったよりは楽しめた。

でもやっぱり好きじゃない部分も多かった。

今の価格で買う価値はないかな。

でも、『僕のピアノコンチェルト』よりはマシかなぁ、
主人公が嫌いじゃないだけ。

ストーリーのレベルでは大差ないかも。

身の回りの音楽を感じる、という部分は
素晴らしいんだけどなぁ。

もっと良い表現方法なかったのだろうか。

子供には観せられなくはないだろうけど、
観せる価値があるかは別問題。

一応、クラシックとしては
エルガーのチェロ協奏曲の第1楽章が
微妙に登場します。
後は、何か出てきたっけ?

あと、原題は『August Rush』。


posted by エト at 00:00| Comment(0) | 洋画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: