2014年06月21日

『四日間の奇蹟』

2005年の日本の映画。

原作は小説らしく、
第1回『このミステリーがすごい!』大賞の金賞受賞作品らしい。

とりあえず映画の感想は、微妙。
前半は良かった。普通に観られた。
が、後半からつまらなくなってしまった。
頑張って観たけど。

曲は、『亜麻色の髪の乙女』やら『月光』やら『子犬のワルツ』やら、
クラシックも結構出てきた。
なんかラフマニノフの第2ピアノ協奏曲第2楽章のパクりみたいな音楽もあったけど、
あれは何だろうか。
まぁそれはいいや。

原作は面白いのかもしれないので
気が向いたら読んでみようと思います。

少し、撃たれたり手術したりするシーンで血も出てくるので、
小さい子には観せられないかな。

<鑑賞日:2014年6月21日(土)>


posted by エト at 17:16| Comment(0) | 邦画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。