2014年06月07日

『星の王子ニューヨークへ行く』

1988年のアメリカの映画。

エディ・マーフィーのコメディ。

面白いには面白い。

が、冒頭の方で女性の上半身の裸が出てきたり、
セリフなども踏まえると、
子供に観せるのはおすすめできない。

子供がある程度大人なら良いかもしれないけれど。

大人にはある程度おすすめできる映画。


<鑑賞日:2014年6月7日(土)>


posted by エト at 00:00| Comment(0) | 洋画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『ミクロキッズ』

1989年のアメリカの映画。

子供達4人が小さくなってしまい、おうちの庭で冒険する話。

ファミリーにおすすめ。

ただ1点だけ不満な点は、
大人が捨てた煙草が役に立ってしまう点。
草に燃え移って火事みたいになって主人公達が困ってしまったら、
ポイ捨てはいけないんだ、という気持ちも生まれそうなものを、
主人公達は煙草を松明にしてしまう。
そこだけは、嫌い。

基本的には楽しめる。


<鑑賞日:2014年6月7日(土)>


posted by エト at 00:00| Comment(0) | 洋画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『スターシップ・トゥルーパーズ』

1997年のアメリカの映画。

小説を実写化した映画らしい。

地球連邦と、バグズ(虫型の宇宙生物)の戦争の話。

評判を見て、B級映画と割り切って観たせいか、
思いの外楽しめた。
まぁ、B級には変わりないのだけれど。

あと、女性の上半身が裸で出てくるシーンが数回あります。
内容的にも教育に良いとは言えないけれど、
そういう意味でもお子様注意。

<鑑賞日:2014年6月7日(土)>


posted by エト at 00:00| Comment(0) | 洋画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする