2014年06月01日

『ベートーベン』

1992年のアメリカの映画。

ペット泥棒から逃げ出したセントバーナードの子犬と、
飼い主が見つかるまで、という条件で飼うことになった家族の話。

名前を決めるときに、子供が弾いたベートーヴェンの第5交響曲『運命』のテーマに
反応したことから、子犬は『ベートーベン』と名付けられる。
(音楽と関係あるシーンは、そこだけ)

ところで、なんで“ソソソミーファファファレー”じゃなくて
“シシシソー”なんだろう(何で調が違うんだろう)?
犬の声の高さの問題??

とりあえず、ファミリーにおすすめできる映画。

続編は未視聴。


<鑑賞日:2014年6月1日(日)>


posted by エト at 00:00| Comment(0) | 洋画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『グース』

1996年のアメリカの映画。

原題は“Fly Away Home”で、
実話を脚色したお話らしい。

個人的には、子供がピアスしたりするところが、
子供に観せたい映画という評価をするにあたりマイナス。


<2014年6月1日(日)>


posted by エト at 00:00| Comment(0) | 洋画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。